ノラノロシ

キネコ国際映画祭×GEO 子どもたちの夢を育てる映画Vol.5

ゲオ編集部
2017.12.05

今年も二子玉川にたくさんの映画がやってきた!
キネコ国際映画祭が開催


日本最大規模の子ども国際映画祭「キネコ国際映画祭2017」が、11/2(木)~6(月)に、東京・二子玉川のiTSCOM STUDIO&HALL 二子玉川ライズを中心に開催された。期間中、国内外の映画44作品を上映。ほか、ワークショップや映画祭のシンボルでもある熱気球の搭乗体験など様々なイベントを実施。25周年を迎えた今年は、過去最高の来場者数となる13万人以上を動員した。
本映画祭の魅力の一つである、字幕の読めない子どもにも映画を楽しんでもらえるようにと始まった、声優たちによる生吹替え「ライブ・シネマ」は今年も大人気!特に、オープニングセレモニーでは本映画祭のジェネラル・ディレクターを務める戸田恵子に加え、中山秀征、横山だいすけ、内田恭子がアメリカ映画『チョコレートの兵隊さん』の生吹替えに挑戦し、大盛況だった。
最終日には、コンペティション作品のグランプリを発表。28作品のなかから、海外作品の長編はノルベルト・レヒナー監督のドイツ映画『きっと大丈夫!~ガールズ ホーム・アローン~』、日本作品は片渕須直監督による長編アニメ、『この世界の片隅に』など4作品が受賞して、幕を閉じた。

セレモニー

子どもと大人が一緒に映画を楽しむ映画祭


◀世界中の優れた映画が集まる日本最大規模の子ども国際映画祭。25周年となる今年も豪華ゲストを迎え、オープニングから元気な子どもたちの声で会場が沸いた。



▶セレモニーには、ジェネラル・ディレクターの戸田恵子をはじめ、歌のお兄さんこと横山だいすけも登壇し、和気あいあい



◀オープニングでは、映画祭参加の子どもたちが楽しくダンス。子どものための映画祭の幕開けを元気よく盛り上げた

 

豪華ゲスト

子どもたちはワクワク!声優はドキドキ
生アフレコに盛り上がる

今年もキネコ国際映画祭のために、世界中から厳選された素晴らしい映画の数々が集結。期間中には作品を手掛けた監督や出演者たちがゲストとして登壇し、映画の魅力や楽しさを語った。


▶ドイツ映画『きっと大丈夫!~ガールズ ホーム・アローン~』のノルベルト・レヒナー監督と、主演のリン・ドールトシャックが来日。


%e7%84%a1%e9%a1%8c

◀ドイツ映画『ウェンディと白い馬』のライブ・シネマには、ゲストにダグマー・ゾイメ監督と、主演のユール・ハーマンが登場した。



▶『ドレスに隠された秘密』のオン・チ・イ監督と主演のローズ・ユが台湾から来日。中山秀征たちと楽しくトークを繰り広げた。


 

 

LIVEシネマ

生アフレコに
子どもたちは大興奮!

キネコ国際映画祭の一番の見どころ、「ライブ・シネマ」。オープニングセレモニー後の『チョコレートの兵隊さん』では、戸田恵子らスペシャルメンバーが吹替えをして大盛況。12

大勢の参加者で盛り上がったサポートイベント


映画公開記念!
パディントンが来場
世界中で大ヒットした映画の続編、『パディントン2』が2018/1/19(金)に公開される。それを記念して、ぬりえコンテストを開催。会場にはパディントンもやって来た。



中央広場で
生ライブをエンジョイ!
映画祭の期間中、バイオリニストのむっちゃんやゆかいなクラウン、ジョーイなどのパフォーマーたちが、会場のあちこちで生ライブを繰り広げ、お祭り気分を盛り上げた。


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

キネコ国際映画祭×GEO 子どもたちの夢を育てる映画
バックナンバーはコチラ!
>>「Vol.1 子どもの国際映画祭 親子で一緒にエンジョイ!
>>「Vol.2 子どもも大人も「好奇心」は心のビタミン 」
>>「Vol.3 “大切なこと”を映画から楽しく学ぶ
>>「Vol.4 その“出会い”が世界を広げてくれる
>>「Vol.5 キネコ国際映画祭2017が開催

映画祭の詳しい情報はコチラをご覧ください!
>>「キネコ国際映画祭オフィシャルサイト


<ゲオオンラインTOPに戻る>


<ノラノロシTOPに戻る>